女子大学生さやかまるのチャレンジブログ

ごく普通の女子大学生が、さまざまな経験にチャレンジしていくストーリーを記録していきます。

【Twitter初心者向け】ツイートで多くの反応を貰うにはまずは機能性を駆使した攻略を【いいね/RT/リプ】

f:id:sayakama1120:20190915080323j:image

 

【はじめに】

こんにちは。さやかまるです☀️

今回は『Twitterで多くの反応を貰うためには?』というテーマで話していこうと思います。

 

結論から言うと。大前提に

『より多くの人に見てもらう』ことです。

もちろん、ツイートの内容が有益なものだったり、感動するものだったり…バズる要素を含むツイートをすればもっとたくさんの反応が来るかもしれません。

 

がしかし!

バズることを目的としてツイートをすることは、なかなか難しいです。

 

ならば、一番手っ取り早いのは、

Twitterの機能を攻略してより多くの人に見てもらうことなのだと思います。

 

「Twitterの機能を攻略する……?でもTwitter始めたばかりだしよく分からないよ…」

という人でも安心してください。

この記事を読めば基礎的な部分はほとんど理解できると思います!

 

(ちなみにわたしはツイッターを小学6年生の時に始めたため、約9年Twitterを利用していることになります。そのためツイッターに関する情報にはある程度自信があります。)

 

今回は基礎的な6つの方法を紹介していきます。

ではさっそく順番に見ていきましょう!

 

 

【より多くの人に見てもらう方法】

①人気のハッシュタグと一緒にツイートする

f:id:sayakama1120:20190915082112p:image

ハッシュタグとは、主にTwitterなどのSNSで利用できるキーワードであり、自分の投稿をカテゴライズして検索を容易にするものです。

 

具体的には、言葉の頭に「#(半角のシャープ)」をつけることによって、ハッシュタグと認識されるようになります。

 

例えばブログ界ならば、朝の挨拶の後に『#おはよう戦隊○○』を付けるのが流行しています。

なぜみんなそれを付けるかは、

✔︎単純にみんなと挨拶したい(投稿をシェアしたい)

✔︎多くの人に見てもらいたい(反応してもらいたい)

などの理由が挙げられると思います。

 

ブログをより多くの人に見てもらいたいと思っている人は、

【#ブログ初心者】【#ブログ更新】【#ブロガーさんと繋がりたい】【#ブログ書け】

などのハッシュタグツイートをすることをオススメします。

その他ジャンルのトレンドのハッシュタグは検索して調べてみてくださいね😌

 

②リプを促すツイートをする

f:id:sayakama1120:20190915082228j:image

これはどういうことかと言うと、ツイッターのタイムラインの機能性を利用したものです。

 

簡単に一言で言うと『リプをして貰うと、再び自分のツイートがタイムライン上に浮上されますよ』ということです。

 

あまりピンとこない人向けに例で説明します。

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

①ABCさんがいます。(この3人は相互フォローし合っている状態)

②Aさんが朝に『おはよう』とツイートします。

③しかしBさんはそのAさんのツイートに気づきませんでした。

④Cさんは夕方頃にAさんのツイートに気づき、『こんにちは』とリプをしたとします。

⑤たまたまBさんが同じ時間帯の夕方頃にツイッターを見ていたらAさんの挨拶ツイートにCさんが挨拶を返していることがタイムライン上に上がってきて分かります。

⑥そこで初めてBさんはAさんのツイートに気づくのです。

 

といったように、ツイッターのタイムラインというものは、時間が経つにつれてどんどん流れていってしまい、一度流れてしまったら再び見られることはあまりありません。

 

より多くの人に見てもらうためには一度機会を逃してしまった時のために何か工夫をしなくてはいけないのです。

 

その工夫のひとつが、『リプをしてもらう』ことなのです。

例えば、単純にフォロワーさんに『好きな映画はなんですか?』と質問するツイートをし、リプをしやすくするとか。様々な方法はあります。

ぜひ多くの人に私のツイートを見てもらいたいと思うならば、この方法は効果的だと思うので試してみてください😌

 

もちろん、単純にコミュニケーションをとるためや問題解決のために質問している人も数多く存在しているので、全員が全員このような考えでリプを促すツイートをしているわけではありません🤚😌笑

 

③積極的にいいねやRTをする

f:id:sayakama1120:20190915082358j:image

これはなんとなく想像つくかと思いますが、いいねやRTを積極的にしていくと、いいねをされた側から『どんな人なのだろう?』と興味を持ってもらい、自分のページを見てくれる可能性がグッと高まります。

 

自分の経験から、より効果的な順番で言うといいね<RT<リプになります。

より興味を持ってもらうにはリプライは絶大的な効果を持ちます。

 

逆の立場から考えれば当然ですよね。

話しかけてもらう=興味を持ってもらっているということなので、普通に嬉しいのです。

 

 

④定期的に自分のツイートをRTする

f:id:sayakama1120:20190915082542j:image

ツイッターにはリツイート機能があることはみなさんご存知かと思いますが、他人のツイートをリツイートするだけではなく、自分のツイートもリツイート出来てしまうのです。

 

ということは、リツイートをする度にフォロワーさんのタイムライン上に再び自分のツイートを浮上させることが出来ます。

 

もしも、タイムライン流れてしまったな〜と感じたならば一度自分のツイートをリツイートしてみることをオススメします。

 

ただし、何度も何度も自分のツイートをリツイートしていると、見ている側から『この人必死だな』と思われる可能性もあるので注意です。笑

そんなの関係ねぇ!と思う方は思う存分リツイートしてみることをオススメします😌

 

 

⑤ツイッター人口が多い時間帯を狙う

f:id:sayakama1120:20190915082828j:image

ツイッターを利用している人も人間なので、ある程度共通した利用時間が存在することも現実です。

 

極端に言えば、夜中はみんな寝ているのでほとんどツイッターを利用しませんよね🌙

また、朝起きたらとりあえずツイッターをチェックするという人も多いかもしれません。

 

このように、ツイッター人口が多い時間帯と少ない時間帯が存在します。

 

そのため、自分のターゲットとなるツイッター民がより多く反応しそうな時間帯を分析してみてください。 

 

例えば、サラリーマンをターゲットにするならば、

◎通勤中(電車の中)の時間帯→朝7~8時頃

◎会社から帰ってゆっくりする時間帯→夜21~23時頃

を狙うなど。(あくまでも例です)

 

大学生をターゲットにするならば、

◎昼休みの時間帯→昼12~13時頃

◎バイトから帰ってきてゆっくりする時間帯→夜23~24時頃

を狙うなど……(色々あります!)

 

 

⑥画像付きツイートをする

f:id:sayakama1120:20190915082933j:image

これはある意味おまけなのですが、単純に『画像』は目に付きやすいためです。

 

例えば『○○の景色が綺麗でした✨』とツイートするだけではなく、その景色の画像もツイートすれば、見ている方もより共感を持てるし、何よりもタイムラインをスクロールしている際に目に付きやすくなるのです。

 

しかし、ただ画像を投稿すればいいわけではありません。

ツイートと全く関係ない画像だと『この人なんだろう笑』と思われるかもしれないし、あまりにも画質があらければ普通に好印象を持たれませんよね!笑

 

画像を投稿する際は、その点などに気をつけて投稿しましょう👍笑

 

 

【さいごに】

ここまで6つの方法を紹介しました!

Twitter初心者さんは、この6つの点をとりあえず把握しておくことをオススメします。

そして、何か一つでも実践してみて欲しいです。

 

みなさんのTwitterライフがより充実したものになりますように。🙏

 

では😆🤚✨